浜頓別町教育委員会生涯教育係ブログ

生涯教育係の活動や、日々の出来事などについて発信していきます。

ヘッダー画像
2020/02/19

浜頓別小学校でスキー授業が行われました

 浜頓別小学校で、スキー授業が始まりました。
1月29日の5・6年生、2月5日の3・4年生、2月6日の1・2年生の授業を取材させていただきました。スキーの指導のボランティアとして3名の方が、そして、1・2年生の授業には児童のお世話のお手伝いとして3名の方がボランティアで参加してくれました。

〇1月29日(水) 5・6年生の授業の様子
 この日は、2名のボランティアさんがスキーの指導のお手伝いをしてくれました。

担任の先生とボランティアさんで打ち合わせをしています。

  

児童は準備をして、ゲレンデに向かいます。

  

4グループに分かれて、安全に滑るための諸注意を聞いています。

  

 

準備体操の様子です。ケガをしないために準備体操は大切です。

  

  

  

  

山頂から滑り降りてくる様子です。さすがに5・6年生は上手に弧を描いて斜面を滑っていました。

  


〇2月5日(水) 3・4年生の授業の様子
 3・4年生は1回目の授業(1月30日)が吹雪のため中止となりこの日が、初めての授業となりました。中頓別はこの日道内で最低気温のマイナス30度近くまで冷え込みました。でも児童は寒さもなんのその元気いっぱいで授業に参加していました。

 3名のボランティアさんが参加してくれました。打ち合わせを行い、児童は準備を速やかに済ませていました。

  

  


 3グループに分かれて、時間をかけて準備体操をしました。
指導の先生からは、安全にスピード出しすぎないようにとの注意がありました。

  

  

  

 しっかり体をほぐした後に、ゲレンデを歩きました。

  

  

 ゲレンデで転び方や方向転換の仕方を確認するグループと斜面での滑走練習のグループに分かれて授業が進められました。
 1回目のリフトに乗るときは、リフトのところにいる担当者の方に挨拶をするようにとボランティアの指導者から助言があり、スキー場でのマナーも学びました。

  

  

  


〇2月6日(木)  1・2年生の授業の様子
 1・2年生は学校のグラウンドの雪山で練習してからの、スキー場での授業でした。1・2年生はまだスキーに慣れていない児童もいて、雪面をスキーで歩いたり、方向を変えたりするのも容易でない様子でした。
 3名のスキー指導のお手伝いをしてくださるボランティアの他に、児童のお世話をしてくれるボランティアが3名参加してくれました。おかげさまで、目がいきとどき、児童一人ひとりに丁寧な対応で、安全に授業が進められたのではないかと思います。

  

  

 6名のボランティアさんの紹介をしています。

  


 準備体操の前に、スキーウエァーのファスナーはしっかり上まで上げる。手袋や帽子も身に着ける。スキーは肩に担いで運ばない(周りの人にぶつかってしまう危険がある)。スキーをはくときはカチャッと音がするまで体重をかける。ストックの持ち方など、基本的なでもとても大切なことを学びました。
   


 各学年第1回目のスキー場での授業を取材させていただきましたが、ボランティアさんの協力で、児童は、安全にそして楽しくスキー授業に参加できていると感じました。
 授業を終えた児童から「寒かったけれど、楽しかった」「上手にハの字で滑られるようになった」「リフトにたくさん乗って、たくさん滑ったよ」等の感想を聞くことができました。

 ボランティアの皆さんありがとうございました。また、今後も宜しくお願い致します。

 







 

↑ページトップへ